HENRO WEB>レポート一覧>宮城県|春を感じるしあわせ食感♪宮城県の「仙台名物ずんだもち」レポート!

レポート詳細

宮城県
宮城県|春を感じるしあわせ食感♪宮城県の「仙台名物ずんだもち」レポート!

151

ずんだもちを紹介しています

2017年4月27日

宮城県仙台市の名物。有名な「ずんだもち」
01 こんにちは!2回目のレポートをさせていただきます、cocoと申します。
本日は宮城県仙台市の名物として、とても有名な「ずんだもち」のレポートをお送りしていきたいと思います。

今回ご紹介するずんだもちは、おいしいお豆腐を出しているブランドの「株式会社 菅野食品」様が作った商品です。

全部で3箱セットになっていて、冷凍パックで届きました。黒がオシャレなパッケージにずんだもちと緑でかかれたパッケージはなんだか高級感がありますね。

一箱に、5個分のずんだもちとたっぷりの餡が入っており、内容量は300gです。冷凍された状態から、自然解凍をし、約3時間ほど(部屋の温度にもよります)で、やわらかなちょうどよい状態になりました。

箱の裏にも記載があるのですが、こちらのずんだもちをレンジなどで無理に解凍してしまうと、せっかくのおいしさが損なわれてしまうんです。なので、かならずあたたかな部屋において、自然に柔らかな状態にしてあげてくださいね。ちなみに保存をする時も、必ず冷凍庫でお願いします♪

では、早速いただいたレポートをお届けします!
「ずんだもち」の原料は、ブランド米「みやこがねもち米」
このずんだもちは直径5㎝ほどで、ちょうど一口サイズです。やわらかさはお箸でつかんだだけでわかるほどなんです。さらにたっぷりの餡はきれいな緑色なので、なんだか春を感じてしまいます。

早速一口食べてみると、今まで食べていたおもちの何倍もとてもやわらかく、またコシも強すぎないので、のどごしも良いんです。

実はこのお餅「みやこがねもち米」という特別なお米を使って作られています。宮城県で生産されているとってもおいしいブランド米で、風味豊かな味がお餅だけでも伝わってきます。

お餅というと、お子様やご高齢の方には心配という方もいるかもしれません。でも、このお餅はとてもやわらかで飲み込みやすいんです。ちなみに私も、同居している祖母に食べてもらったのですが、とても喜んで、おいしく食べてくれました。

そんなこだわりのお餅のおいしさをさらに引き立てているのが、枝豆をすりつぶして作る、ずんだもちならではの「餡」です。 02
ダイエット中の方のちょっとした息抜きのお菓子にもオススメ
今まで和菓子の強い甘さが苦手だった私なのですが、この餡は本当にやさしい甘さになっていて、枝豆本来のおいしさもたっぷりと感じられるんです。ぼやけた味ではなくて、ふんわりとやさしい甘味が口の中いっぱいに広がっていきます。

枝豆をすりつぶしすぎていないので、枝豆のつぶつぶとした食感も残っているんです。全国でも有名な大豆製品メーカーだからこそ、おいしい枝豆を贅沢に使っているんです。

私は、枝豆をはじめとした大豆製品が大好きなので、おいしくておいしくて、この餡だけをスプーンですくって食べてしまったほどです。最後の一口は、お箸ではなくスプーンで、贅沢な餡を楽しむのがオススメですよ。

こちらのずんだもちは、余計な添加物などは一切使わず、素材本来のおいしさをじっくりと感じられるんです。そのためダイエット中の方のちょっとした息抜きのお菓子にもオススメです。甘さ控えめで、さらに一個でとても満足感があるので、疲れたなぁという時にも食べたい一品です。 03
ずんだもちには、やっぱり日本茶
このずんだもちは、やっぱり日本茶によく合います。私はほうじ茶を合わせましたが、風味豊かな玄米茶などもオススメです。自然な味わいなので、きっとどんな日本茶にも合うのではないかな、と思っています。

そんなお茶の時間を過ごす時、ぜひお花を飾って食べてみてほしいなぁと思い、こんな一枚をとってみました。仙台市のすばらしい自然に感謝をしながら、一口で笑顔になる、おいしいずんだもちをぜひ食べてみてくださいね。 04 今回のずんだもちは内容量も多く、また外箱ともに高級感のあるパッケージなので、贈答用にもピッタリです。また3箱すべてがきちんと包装されているので、1つを自宅用、2つを贈答用と分けて使うこともできちゃいます。

何度でも食べたくなる、他では食べられないおいしさを、ぜひ一度食べてみてくださいね。 今回もお読みいただき、ありがとうございました。
商品情報
商品名
ずんだもち
提供元
株式会社菅野食品

関連ギフト

菅野食品

仙台市宮城野区幸町1-19-32

公式ページはこちら